手荷物について

持ち込み手荷物のサイズは航空会社によって若干異なりますが、ここでは日本航空と全日空を例にご案内します。
機内持ち込み(手荷物)も厳しく制限されていますのでご注意ください。
なお、持ち込みでも受託手荷物としても飛行機に持ち込めないものは各航空会社共通です。

機内持ち込み可能な手荷物のルール

個数

身の回りの品(ショッピングバッグ、ハンドバッグ、傘、カメラなど)のほか、下記の条件の手荷物1個

サイズ

3辺の和が115cm(45インチ)以内かつ3辺それぞれの長さ W55cm×H40cm×D25cm(W22×H16×D10インチ)以内

総重量

総重量10kg(22ポンド)以内(身の回り品を含めた重量)

機内に持ち込めないもの

刃物類・先端が著しく尖っている物・バット類、その他、強打することなどにより凶器となりうる物。 スキーワックス・スプレー、ナイフ類は種類はお持込いただけません。 例えば、ハサミ・工具・アイススケート靴・バット・ゴルフクラブ(ウッド・アイアン・パター全て1本から)等。

機内持ち込みに注意が必要なもの

液体物

機内に持込できる液体物には、容量制限が設けられています。 ・容器1つにつき100ミリリットル以下 ・複数容器の場合1リットル以下のジッパー付透明ビニール袋に入れる ・1人1袋

ライター、マッチ

・1人1個まで。預け入れはできません(国よっては持ち込みも不可のところがあります) ・喫煙用ライターは小型のものに限る

リチウム金属・リチウムイオン電池単体

ボタン電池やPCの予備バッテリーなど(本体に入ってる電池は問題ありません)

機内持ち込み・預け入れもできないもの

危険物

スプレー缶類、ガス、燃料、爆発物(花火・クラッカー・不発弾など)、発火性・引火性物質、毒性、酸化性物質などの危険物。 その他航空機や人員または搭載物など周囲に危険または迷惑を及ぼす恐れのあるもの。(下記写真は国土交通省航空局より)

詳細は各航空会社のホームページにてご確認ください。

◆日本航空 https://www.jal.co.jp/inter/baggage/

◆全日空 https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/prepare/baggage/

Facebook

SES株式会社

PAGE TOP