COVID-19に関する最新渡航情報

現在、新型コロナウイルス (COVID-19) オミクロン株の発生により、渡航制限は常に更新されています。
地域により移動制限等がありますので、推奨事項または要件は現地大使館・総領事館の安全情報をご確認ください。

下記の内容は2月18日現在の情報ですが、予告なく変更となる場合がございます。
最新情報は各公式WEBサイトをご確認ください。

日本入国にあたり アメリカ入国にあたり

 

日本入国にあたり

入国条件

現在全ての国・地域から日本への入国者に対し、入国の前後で以下の対応が求められます。

日本入国に必要な4つの事項
 1. 新型コロナウイルスの陰性証明書
 2. 誓約書
 3. スマートフォンに指定アプリの登録
 4. 質問票
1. 最初の空港の出発から72時間以内に受けた検査証明書の提示(印刷された所定のフォーマット推奨)
   ▶︎詳しくはこちら(厚生労働省)
   2021年3月19日より、新型コロナウイルスの証明書がない場合は「搭乗拒否」となり日本入国ができません。
   (
海外から日本へ帰国・入国する全て方が対象)
   検査証明書を提出できない方は検疫法にもとづき、日本国籍であっても日本への上陸が認められません。
2. 誓約書の提出
   ▶︎詳しくはこちら(厚生労働省)
   日本入国後10日間、自宅やホテルなどでの待機等に関する誓約書の提出が義務付けられています。違反した場合は氏名が公表等の可能性がございます。
3. スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用(日本入国前にアプリをインストール完了頂くことが推奨)
   ▶︎詳しくはこちら(厚生労働省)
  日本入国後10日間、自宅やホテルなどでの確実な待機実施のため、お持ちのスマートフォンにアプリをインストールしていただく必要があります。
   ➀My SOS(位置情報・健康状態の報告・居所確認)
   ②Google Maps等(位置情報保存設定が必要です)
   ③COCOA(接触確認アプリ)

4. 質問票の提出
   ▶︎詳しくはこちら(厚生労働省)
  日本入国時に、滞在歴や健康状態を記入した「質問票」を検疫官に提出する必要があります。

(日本入国時)
✔️ 到着空港で新型コロナウイルスの検査

日本入国される方全員

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(2022年3月1日以降の水際措置の見直し)
【日本入国後の自宅等待機期間の変更】
■指定国・地域からの帰国者・入国者■
 <ワクチン3回目追加未接種者>
 検疫所指定施設で3日間待機し、施設で受けた検査の結果が陰性であれば、退所後の自宅等待機を求めない
 <ワクチン3回目追加接種者>
 原則7日間の自宅等待機の上で、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求めない

■非指定国・地域からの帰国者・入国者■
 <ワクチン3回目追加未接種者>
 原則7日間の自宅等待機の上で、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求めない
 <ワクチン3回目追加接種者>
 入国後の自宅等待機を求めない

※入国後待機のため、自宅等への移動として公共交通機関の使用は可能。但し、入国時検査(検体採取時)から24時間以内に移動が完了し、かつ自宅等までの最短経路に限る。
※オミクロン株以外の変異株が支配的となっていることが確認されている国・地域を別途指定する場合には、当該国・地域からの帰国者・入国者については、自宅等待機等の期間を14日間とします。

「水際対策上特に懸念すべき変異株等に対する指定国・地域」から日本へ入国される方
▶︎詳しくはこちら(外務省)水際強化措置に係る指定国・地域一覧

アメリカ入国にあたり

入国条件

米国当局からの指示により、2歳以上の全ての渡航者は以下の書類が必要となります。
所持していない場合、飛行機に搭乗できませんのでご注意ください。
1.ワクチン接種証明書
 (対象:18歳未満・米国市民・米国国民・米国永住者を除く全て)
2.第一
旅程の出発便の1日以内(出発日前日から出発日当日)に受けたCOVID-19ウイルス検査証明書、
 または新型コロナウイルスから回復したことを示す文書(英語)
 (対象:米国市民・米国国民・米国永住者を含む全て)
 ※1日という期間はフライト出発前 1 日ということです。
  1日という時間枠を用いることで、検査の有効性がフライトの出発時間や検体採取時間に左右されることはありません。
  例えば、金曜日午後 1 時のフライトで出発する場合、その週の木曜日(時間を問わず)以降に検採取し取得した陰性の検査結果で搭乗できます。
3.宣言書 ▶︎詳しくはこちら CDC(宣誓書フォーマット)

✔️ ロサンゼルス郡へは旅行申告書の記入が義務付けられています  詳細オンラインで記入

(アメリカ入国後)
✔️ 自宅などで入国から3〜10日間待機

PAGE TOP